「これで充分」って思っている腕時計に加えて【SEIKO SBPX103】を買ってみた

最近買った「SEIKO SBPX103」は私の望みに概ね合致していた腕時計でした。 その一方で、今まで経験したことの無い意外な落とし穴がありました。

腕時計を選ぶのは楽しいですが、難しいですね。

反省を含め備忘録的にブログとしましたので、何かの役に立てれば幸いです。

1.私は毎日腕時計をする人です。

高校入学の時に両親が、腕時計を入学祝いにと買ってくれ、その後50年以上も、ほぼ毎日腕時計をする生活をしています。

その間、自分の年齢、地位、立場、そして世間体に合わせて、その時々の腕時計を求めてきました。

10年ほど前の退職を機に、見栄も必要なビジネス中心の生活からスニーカー中心のカジュアル生活に変わり、腕時計も高価な腕時計はもう使うことはないだろうと処分し、今ではカジュアルで本当に使いやすい物だけを使うようになってしまいました。

それでも体に染みついた習慣は変わらず、今でもいつもカジュアルな腕時計しての時間に拘る生活をしているのです。

 

2.腕時計の拘り

その実用本位の腕時計ですが、生活の中でいつも使うものですから、いくつかの強い拘りがあります。

1.時間を正確に示すこと。
2.薄くて軽く、事務作業などの負担にならないこと。
3.文字盤が見やすく、老眼の目でも時間が簡単にわかること。
4.腕時計自体のデザインがシンプルで、満足できること。
5.そして安いこと。

この5つの条件で選び購入していますね。本当に必要なことだけを考えると「これで充分」ということになります。


そして、私にとってのその究極は・・・。

なんだ、ここまでグダグダ書いて、こんな安物の話かよと言われそうですが、

[チープカシオ] 腕時計 スタンダード MQ-24-7BLLJF ブラックです。

シンプル イズ ベスト で 飽きの来ない1,000円ほどの腕時計です。 

私はまだ腕時計をする人です。チープカシオを買ってみた!

 

しかし、最近、いつものカジュアルな腕時計で行くにはちょっと気が引ける場面がありました。すこしフォーマルな環境(葬儀など)というような状況です。

そのために、今回購入したのが 【SEIKO SBPX103】(ソーラー駆動で純チタンの外装)だったのです。

 

3.SEIKO SBPX103

外観は落ち着いたデザインでフォーマルでも使えそうです。

ソーラードライブで電池不要なのでたまにの使用で電池切れで慌てることは無さそうです。でも、電波時計では無いところがミソです。

電波時計は狂ったときの調整(海外に行った時に手動で調整したい場合など)で過去に苦労した苦い経験があったので避けたかったのです。

そして、この種の腕時計でも重さには拘り、軽いチタン製は必須。

そして、当然シンプルで落ち着いたデザイン、値段は3万円程度とこんなことを並べていくと、意外と見つかりませんでしたが、やっと見つけ出しました。

 

 

 

 


4.意外な落とし穴

使い勝手は良さそうとよろこんで使い始めたのですが、ある問題に気が付きました。

文字盤側のガラス面のカットの問題か? 景色の映り込みがあり、時間表示が微妙に見にくいのです????

上の写真のようにクリアーに文字盤が見えれば最高なんですが・・・。実際に腕時計をして時間を見ようとすると・・・。この状況を写真に撮ろうとしたのですが、撮影が未熟でうまく表現できず・・・ギブアップ。

慣れの問題かなと思って、この2週間ずっと使用して慣れようとしているのですが、やはり気になるのです。

どうしたものでしょうかね! 

 

今日も訪問していただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。 私は、孫たちから「なお父さん」と呼ばれている関東の地方都市住人です。 『なお父さんのblog65』:65歳からより豊かに生きるヒント (日々の楽しみ、お金、生活の知恵、親のケア、独り言、ブログ運営)を発信していきます。  それでは よろしくお願いします。