シニアの登山は、無理をせず、安全に楽しくが一番

槍が岳、谷川岳、至仏山、岩手山 ゴールデンウィーク中の登山遭難が相次いでいます。

悪天候が分かっていたはずなのに、なかなか取れない連休なので無理を承知で強行してしまったのでしょうか?

毎年繰り返される悲劇です。

●●●

私は孫を連れて、山歩きにいってきました。

日光国立公園の赤薙山(あかなぎさん)(標高2010m)への登山口の霧降高原(標高約1200m)の「空中回廊」という1,445段の長い階段周辺です。8時30分~10時30分の2時間という短い時間でしたが・・・。

登っている時には、登山者は少なく最高な山歩き日と思っていましたが、下山した時には、登山者がいっぱいになっていて、駐車場も満車状態。 朝は遅くても8時には登り始めるつもりで来ないと ゴールデンウィーク中は辛いですよ。アドバイスです。


「空中回廊」が出来てからは、階段の終点までは身軽な軽装でも登ることができるようになりましたが、山は甘く見てはいけませんよ。結構きついです。

 


孫は初めての山歩きでしたが、私は今までにこの場所を10回以上は訪れています。しかし、この5年間、来るたびに体力が衰えてきているのを実感してしまいます。


おそらく、赤薙山(あかなぎさん)の頂上へは、現在の体力ではもう無理でしょうか。
無理を承知で強行すると、このレベルの山でも事故に繋がりますからね。

たち
次は、他の孫たちも連れて、同じ「空中回廊」周辺の山歩きを楽しみたいですね。

 

今日も訪問していただきありがとうございました。

 

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。 私は、孫たちから「なお父さん」と呼ばれている関東の地方都市住人です。 『なお父さんのblog65』:65歳からより豊かに生きるヒント (日々の楽しみ、お金、生活の知恵、親のケア、独り言、ブログ運営)を発信していきます。  それでは よろしくお願いします。