≪定年退職がもうすぐのあなたへ≫ 定年退職後に月10万円を稼ぎ生活を豊かにする方法3つ

定年退職後の生活で大きな心配の種は「健康」と「お金」の二つです。

そしてある程度先が読めて手を打つことができるのは「お金」です。

わたしの3年間の定年退職後の生活体験から「お金」について自分なりに実感していることがあります。

年金プラス月10万円あれば、より豊かに生きることができるということです。

定年退職者が毎月10万円を稼ぐ方法はどんなものがあるのかお話しします。

1.定年退職後になぜ月10万円を稼ぐことにこだわるの?

年金生活者になれば、現役時代と同じペースであくせく働く必要はありません。

サラリーマン生活を真面目に送ってきた人が年金生活者になれば、標準的なモデル世帯の夫婦で年金額は月約22万円(年264万円)を受け取ることができます。

そして夫婦の生活費は月約28万円(年337万円)です。

60~69歳の世帯生活費 月27万9718円(年336万6616円)

     出典:総務省「家計調査資料 平成30年2月現在」

 

あくせく働く必要は無いわけですが、質素な生活をしても毎月5万円の赤字となることがすぐに理解できるとおもいます。

そこで毎月10万円を稼ぎ年金額に加えると生活費は約月32万円(年384万円)となり、夫婦2人で余裕?のある暮らしができるようになるというわけです。

2.複数の収入源を確保する

定年退職後にお金を得る方法はいろいろありますが、リスクが少なく確実にお金を得られる収入源を複数見つけることがポイントです。金額の多い少ないより年齢に関係なくお金を稼げる仕事を見つけた方が長続きします。

 (1)年金(定年退職者の固定収入)
  
 (2)年齢に関係なくお金を稼げる仕事 (アルバイト、パート:正規従業員としては雇ってもらえないのが現実。)

 (3)自分独自のビジネスに挑戦する(知的労働、インターネットビジネス:拠点は自宅。)

 (4)手元資金による投資(株式投資、大家さんビジネスなど:余裕資金ある人だけ。)

定年退職者の収入源は大きく分けると上記4種です。

本題の月10万円を稼ぐために私が取り組んでいるのは、上記(2)(3)(4)です。

月10万円を稼ぐために私が取り組んでいることをすこし詳しくお話しします。 

3.年齢に関係なくお金を稼げる仕事(アルバイト、パート等)

私は定年退職後地方自治体のシニア嘱託員として働いています。

サラリーマン生活を長年送ってきた方にとって違和感なく取り組めるのは、どこかの会社や自治体等に勤め、自分の身体を使って働きお金を稼ぐ方法ではないでしょうか。

これは労働の基本であり一番確実にお金を手にできます。

しかし、65歳以降の職探しは思っているほど簡単ではありまん。

得られるお金はビックリするほど少ないし当然過去のプライドを捨てる覚悟が必要です。

例えば、体の負担が少なくシニアに最適と考えられるシニア向け地方自治体の臨時職員や嘱託員は月8万円程度で月10万円届きません。そして残念ながら一か所の職場で長い年数を務めることはできません。

しかし、期間満了後違う職場で働くことができるケースは意外と多く、トータル的には長い年数働くことができまる職場ではないかと思います。

履歴書を書くのは簡単だけど定年退職者が失敗しやすいポイントが有ります。 【シニアの自治体非常勤職員等の職探し】

4.自分独自のビジネスに挑戦する(知的労働、インターネットビジネス:拠点は自宅。)

私は自分独自のビジネスを立ち上げようと調べてきました。

定年退職後の私たちはお金と健康が大きなリスクで選択枠は狭くなっています。

そんなことを考えた結果、お金のリスクはほとんどなく、ボケ防止にも役立つと思えるブログ経営を始めることにしました。

ブログ経営は素人にはお金が稼げないというのが最大のリスクかもしれませんが、投資するお金リスクは年1~2万円程度の費用でも可能で低リスクです。

ついにブログビジネスを今月から始めました。

ブログサイトは「なお父さんのblog65」:65歳からより豊かに生きるヒント(2019年2月10日ブログオープンしたばかりでまだ実績はありません。)

自分のブログを開設し5年後を目途に500程度の記事を投稿していきたいと考えています。

この記事を読んでくださっているユーザーさんのためになる情報提供が出来ればアクセスは必然的に集まるはずです。

そして「なお父さんのblog65」の評価が高まれば、サイトから収入を得ることが出来るようになると目論んでいます。

そのために時間をかけてじっくりと自分のブログを育てていきたいと思います。

時間をかけられるのは定年退職者の特権ですからネ。

履歴書を書くのは簡単だけど定年退職者が失敗しやすいポイントが有ります。 【シニアの自治体非常勤職員等の職探し】

5.手元資金による投資(株式投資、大家さんビジネスなど)

昔も今も一般的に定年退職すると余裕資金が有る人は昔から株投資をやり始めます。

なんとなくお手軽に感じるのでしょうか?

私も一般的な定年退職者の一人ですのでご多分に漏れず配当金重視の株式投資をしています。

1千万円程度の長期投資が出来る人ならば、4%程度の配当(税引後30万円強)が得られます。

ずっと売却しないで保有していれば、そのまま毎年継続して配当金をもらい続けることができます。

そして、毎年得られた配当金は再投資せずに、その年の年金による生活費の不足分に使っていきます。

これは、定年退職者にとっと想像以上にありがたいお金になるはずです。

6.まとめ

定年退職後に月10万円を稼ぎ生活を豊かにする方法3つについてお話してきました。

・年金に月10万円を追加できると年金生活でも格段と豊かになります。

・複数の収入源の組み合わせにより月10万円を確保する

  ①年齢に関係なくお金を稼げる仕事

  ②自分独自のビジネスによる仕事

  ③手元資金による投資

・働くことはお金を得られるだけでなく社会との繋がりより強くなり、生きがいにもなります。

たとえ蓄え等のお金が十分な余裕ある年金生活者でも働くことをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。 私は、孫たちから「なお父さん」と呼ばれている関東の地方都市住人です。 『なお父さんのblog65』:65歳からより豊かに生きるヒント (日々の楽しみ、お金、生活の知恵、親のケア、独り言、ブログ運営)を発信していきます。  それでは よろしくお願いします。