「夢」は実現させるもの、出来ないものはただの憧れ

今日の記事は、孫から、なんで学校に行っていないのに、今でも毎日勉強しているの? って聞かれて、「今でもまだ、「夢」を追っているからかもしれないね。・・・・」そんな話です。

他愛のない内容ですが、何かの役に立てれば幸いです。

「夢」とは

「夢」とは、努力によって実現できるもの。そして、努力しても出来ないものは、ただの憧れだと思っています。これは私の持論です。

そんな考えを持つようになった切っ掛け、そして夢を追いかける時の気構えの背景となったエピソードを、少し青臭い話しとなりますが、紹介したいと思います。

今が一番の旬

私が40歳の頃、父の看病である病院に通っていました。父と同じ病室に、当時たしか61歳のアルツハイマー型認知症で入院していた方がいました。そして毎日病室で英語の勉強をしていました。その患者の方曰く、「英語を話せるようになりたいが、歳をとりすぎました。 もっと若い時に勉強しておけばよかった。

しかし、よく考えてみると、一日一日と、病気は進んでいくし、老いは進んでいきます。

今現在が一番認知症は軽いし、歳も若いことに気づいたのです。すなわち、思い立った時に行動するのが一番の旬なのです。だから今、英語の勉強をしているのです。」

私は、その時に伺った話に影響され、それを知恵として、今でもいろいろな夢を追っているわけです。だから「今でも実現したい「夢」はいっぱいあるし、それらの「夢」を実現するには沢山の努力が必要なんだよ。」ってね。

「夢」は現実させるもの

「夢」は現実させるもの。ただの憧れにならないように夢を追いかけているのです。

何歳になってもこれからの人生をより豊かに出来ると思っているのです。

 

今日も読んでいただきありがとうございました

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。 私は、孫たちから「なお父さん」と呼ばれている関東の地方都市住人です。 『なお父さんのblog65』:65歳からより豊かに生きるヒント (日々の楽しみ、お金、生活の知恵、親のケア、独り言、ブログ運営)を発信していきます。  それでは よろしくお願いします。