車の保険を見直した!「ネット」、「代理店」、「こくみん共済」 そして決めたのは・・・なぜ?

今回の記事は車の保険の見直しについてです。
車の保険の見直しを考えている方々にお役にたてれば幸いです。


もうすぐ私の車の保険が切れる日です。期限の1か月前までに、現在の車の保険を継続するか止めるかを決めて連絡しなければなりません。

1.なぜ、現在の車の保険を見直しするすることにしたのか?

私は同じ損保ジャパン日本興亜の保険代理店から38年もの間、浮気しないで継続して車の保険を続けてきました。

その間、人身事故は無し。大きな物損交通事故1回、小さな自損事故2回の事故がありましたが、大事には至らず無事に過ごすことができました。

大きな保険会社の人気の車の保険を代理店経由で契約していて、代理店の営業のきめの細かい対応に満足しており特段の不満はありませんでした。

ところが、私の方は歳と共に車はレジャーや買い物程度の走行距離で5.000km/年以下と現役時代の3~4分の一走行距離は減り、そしてその割に、年金生活のためか保険料が高く感じるようになりました。もっと保険料を節約できないものかと思うようになりました。

さらに、今月は免許証更新で3年前の信号違反でゴールド免許からブルー免許証になったために保険料が上がることを知り、保険の見直しをやろうと決断するに至った訳です。

 

2.車の保険を見直す上でのポイントは3つ

1)今までと同じレベルの補償内容

2)同じレベルの補償内容で保険料は安くなる事

3)保険の内容の相談や質問を直接会ってできる事

 

3.検討する車の保険は「ネット型」「特約店型」「こくみん共済」

1)ネット型

「ネット型」はソニー損保、チューリッヒ、アクサ損害保険、・・・・沢山ありますよね。最近TVなどで、「特約店型」よりも2万円?くらい安くなりますとの宣伝が多くなり、実際に「特約店型」から「ネット型」に変える方が増えているようで値段に大きな魅了がありそうです。

しかし、私のようなお爺さんはやっぱり顔が見えないことに不安をを感じますし、事故時等に連絡を取りたいときにスマホや電話だけの対応は連絡が繋がり難かったりとまだ信用できないと感じてしまいます。気軽に顔を突き合わせて話をしたいですね。

値段は魅力的ですが、基本ネットだけなので 私はNGとしました。

2)代理店型

「代理店型」による保険は、顔が見えるし、長い間の人間関係により、有事の時には一番頼りになる車の保険でしょう。

もし私の経済状態が良くて、割高な保険料が許されるならば、今まで通り迷うことなくこちらを選ぶことにしますよね。

3)こくみん共済(旧 全労済)のマイカー保険

あまり馴染みがないかもしれませんが、価格は安めだが、お客様対応があまり良くないとの悪い評判が昔からあった全労済の現在の名前、「こくみん共済(旧 全労済)」の「マイカー共済(車の保険)」です。

私の持っているイメージでは 
「特約店型」と「ネット型」の間の位置づけの車の保険だと思っていました。

「ネット型」より値段は高いが「特約店型」より安い。
私の家の近くにも「共済ショップ(直接訪問して相談や問い合わせができる事務所)」が有り、顔を見て直接話ができるのが良いですね。

 

4.「特約店型」と「マイカー共済」の概略見積もり

補償内容

  • 契約条件: 日常・レジャー使用、免許証ブルー、35歳以上、20等級、事故有期間0%
  • 相手への補償:対人無制限、対物無制限
  • 自身の補償:人身傷害5,000円 
  • 車の補償:エコノミー車両保険  新価相当額270万円

「代理店型」損害保険ジャパン日本興亜 The 車の保険 

46,880円/年(3年契約なので合計140,640円を3で割った値を示した)

「こくみん共済」 マイカー共済

25,720円/年 

「代理店型」より毎年2万円も節約になります。すごいですね。

 

その他

今回は初めの段階で、「ネット型」はNGとしたので見積もりは取りませんでしがが、場合によっては一番安いと思っていた「ネット型」よりも「マイカー共済」の方が安いことも多いのではないかと思っています。

 

5.決めたのは

最終的に、決めたのは「こくみん共済のマイカー共済」でした。

補償内容はどちらもほぼ同じで見積もったのですが、微妙に違うところがあります。ですから、細かい数字よりも傾向を見て頂きたいと思います。それでもかない安くなったのには満足でした。

実際に事故が発生したとき対応の良し悪しの評価は経験がないので分かりませんので、些細なことでも注視していかなければなりませんが、それより、事故を起こさないことの方が重要ですので、より一層安全運転に勤めていきたいと思います。

 

当ブログは、特定の車の保険の見直しや契約を推奨しているわけではありません。
くれぐれも自己責任でお願いします!

 

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。 私は、孫たちから「なお父さん」と呼ばれている関東の地方都市住人です。 『なお父さんのblog65』:65歳からより豊かに生きるヒント (日々の楽しみ、お金、生活の知恵、親のケア、独り言、ブログ運営)を発信していきます。  それでは よろしくお願いします。